患者に歯医者の技術は判断できるか

医療 社会
患者に歯医者の技術は判断できるか

あそこの歯医者は上手

あそこの歯医者は下手

歯科医師の技術を患者さんが評価しているのをよく耳にします。

実際患者さんが歯科医師の技術を正当に評価することはできるのでしょうか。

結論から言いますと、答えは限りなくNOです。

患者に歯科医師の技術を評価することはまずできません。

最もよく聞く患者さんの歯科医師の技術を評価する基準として

痛い=下手

痛くない=上手

ということがありますが、痛みの有無と技術は基本的に関係ありません。

例えば歯石を除去するクリーニングをしたとします。正確にはこれをスケーリングと言います。スケーリングが痛いのは下手、痛くないのは上手ということを患者さんはよく言いますが、事実ではありません。

歯石がたくさんついていたり歯磨きがちゃんとできていない場合は、歯肉に炎症が起きています。炎症が強ければ強いほどスケーリングすると出血も多く、痛みも強くなります。

ですからしっかりと歯石を取るとしたら痛みは基本的に伴います。(但し痛みの感じ方には個人差がかなりあります。)炎症があるにもかかわらず痛みなくスケーリングするのは、表面上の歯石のみを除去し、本来除去しなくてはならない歯石を残していると思われます。

実は痛くなく患者受けをよくすることは簡単なのですが、その場合正しい処置を行っているわけではなかったりするのです。患者に意図的に上手く見せることは簡単にできますし、患者さんから上手いと評判の歯医者が手抜きの診療をしていることなど多々あります。

安易な評価をしない方がいいと思います。

では実際に歯科医師が他の歯科医師の技術を評価する際にはどのようなところを見て評価しているのでしょうか。実は歯科医師同士でも上手下手と評価するのは簡単ではありません。

歯科診療には様々な分野が存在します。それぞれ得意分野もあれば得意でない分野もあります。ですからある分野の技術が悪くても他の分野の技術がとても上手なこともあります。

一概に評価をすること自体が難しいのです。

そして技術ということだけでなく、最も大切なのが診断能力です。

どのように診断してどのような治療計画を立てて進めていくかということは歯科医師の最も大切な資質です。これに関しては診療の中で技術として見えるものでもありません。

ですから歯科医師が他の歯科医師の技術や能力を評価するためには、しばらく一緒に仕事をして患者さんの情報を共有したり治療を共有しないと評価ができません。

このように歯科医師の技術を評価することは歯科医師でもすぐには難しく、患者さんにはほぼ不可能だと思います。

ではどのような基準で歯科医院を選んで通院するのが良いのか迷ってしまいますね。

歯科医院選びは非常に難しいと思います。

そしてこれには正解はないと思います。こういう歯医者は辞めたほうがいいとか、こういう歯医者がいいとか雑誌とかに載ってたりしますが、正直微妙だと思います。

実は流行っていて混んでいるところがちゃんとやっているところとは限りません。

逆に全然流行っていないところの先生がちゃんとやっているということも多々あります。

経営が上手なことと医療に真摯に取り組んでいることとは全く別物です。

結局最終的には歯科医師を人として自分が信頼できると思うところに通ったほうがいいと思います。

違和感を感じたら違う歯科医院に行ってセカンドオピニオンを聞くのもいいと思います。

診断の内容などは専門知識がないので判断するのは難しいので、その歯科医師を人として信頼できると思うところに通うことをお勧めします。

できることなら技術どうこうよりもお金儲けのために医療をしていることろではなく、真摯に医療に取り組んでいるところに通院できることを願っております。

この記事のライター

木部雅也